スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.06.30 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    エミィのお誕生日

    0

      そして、もうすぐエミィのお誕生日がきます。

      ホホはその日が近づくと、心配でたまりませでした。

      知りたがりのエミィが、亡くなった両親のことだけは一度も聞かず、いつも強がっているように見るけれど、本当はとても優しく泣き虫なことを、兄のホホは誰より知っているからです。

      エミィの誕生日、四人はテーブルに座りました。

      いつもなら、お母さんの作る、エミィの一番好きなチョコレートケーキがテーブルにあるはずなのに、今日はまだ運ばれて来ません。

      エミィが不思議そうな顔をしてると、お父さんが「18歳おめでとう」と言い、エミィに大切な話しがあると伝え、ホホの時と同じように、亡くなった両親の話しが始まりました。

      エミィの亡くなったお父さんは、世界中の傷ついた子供達の写真を撮り、お母さんは今起きている現実を書き、世界中の人達に戦争の恐ろしさを訴えていた事、そして亡くなった日のことを話さなければいけないと思っていた時、エミィから「本当は殺されたの?」とたずねられ、両親とホホは驚き、エミィは、ずーっとそんな気がしていたと、ブルーの瞳から涙がこぼれ落ちました。

      そんなエミィの前に、お母さんは古い箱を大事そうに置き「亡くなった両親の物よ」と優しく言いました。

      その箱はオルゴールで、蓋を開けると、赤ちゃんの頃のエミィが、亡くなったお母さんに抱かれ笑っている写真や、亡くなった両親と一緒に撮った写真が入っていました。

      オルゴールはこわれて音は鳴りませんが、今の両親から初めての誕生日に贈られたオルゴールと同じ曲名がきざまれています。

      つらい時、いつもなぐさめてくれた曲です。

      それを見たエミィは、子どものように泣いています。

      両親は施設の中でも一番の泣き虫だったと、エミィを優しく抱きしめ、18本のローソクが立ったチョコレートケーキが運ばれ、エミィは願いをこめてローソクを一気に吹き消しました。

      パーティが終わり部屋に戻ると、エミィはオルゴールを聞きながら、眠りにつきました。


      つづく

      JUGEMテーマ:ものがたり


      スポンサーサイト

      0
        • 2015.06.30 Tuesday
        • -
        • 06:00
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする